サイズの計り方

合わない靴を履いてませんか?簡単な対処法をご紹介します♫

スポンサーリンク

ネバーまとめを見ていると

64%の人が『足に合わない靴』を履いていて
その内の55%の人が『靴を我慢して履いている』

というデータがあった。

僕自身も『この靴はお洒落だけど足に合わない、でも我慢して履いてる』

というスニーカーもある。

あなたも1度は足に合わない靴を履いた経験はありませんか?

ほとんどの人がYESだと思う!

しかし、その合わない靴のせいで頭痛になったり体調不良になる事もあるみたいです。。

今回は足に合う靴について考えてみようと思います!

 

足の指が動かせる靴を選んでますか?

img_9487

靴のサイズがキツすぎると指が動かせれないですよね?

僕の経験ですが足の小指などが痛くなったりします

これは骨の形が変形したり、足に負担がかかりますので靴を選ぶ時はゆとりのあるサイズを選びましょう。

 

甲の部分に空間がありますか?

img_9494

これもサイズの問題にはなりますが、甲の部分に空間がないと窮屈になり甲に痛みが出てきます。

甲高

の人は特に注意が必要です。

甲の低い靴を選ばないようにしましょう。

 

靴底が薄い靴を履いてませんか?

img_9493

ミッドソール部分が薄いと足裏に衝撃がきてしまい、足の負担になってしまいます。

写真のコンバースはミッドソールは厚いですが、歩きやすい人と歩きにくい人と分かれることが多いです。

オニツカタイガーなどはミッドソールが薄いものが多いので買う時は試着して確かめる事をオススメします。

インソールなどでカバーしてクッション性をだすのも1つの手なので試して見てください

【↓おすすめのインソール】

↪︎【救世主】これはおすすめ!ぶかぶかのスニーカーもこれで履ける!極厚インソールでサイズ調整をしよう!

↪︎今や海外に大人気のスニーカー!オニツカタイガーの歴史とサイズ感ご紹介♪

歩きやすい靴選びはミッドソールに注目

ミッドソールについて先ほどお話しました。

ミッドソール部分はスニーカーブランドは特に力を入れている部分になります。

理由は

歩きやすさ

走りやすさ

衝撃吸収性

など機能性がスニーカーには求められるからです。

機能性が高いスニーカーを選ぶのに注目するには

ミッドソール部分に書いてあるブランドのテクノロジーをチェックしてみてください。

この下の写真を見てください

img_8948

機能性のあるスニーカーにはこのようにテクノロジーの名前が書いてあります。

この写真はニューバランスのENCAPという衝撃吸収性に優れた機能がこのスニーカーには搭載されてます。

このように歩きやすいスニーカーを選ぶ時は必ずミッドソール部分をチェックしましょう。

↪︎ ニューバランスのミッドソールに書いてあるENCAPって何?どのような役割を果たすのかを解説

何も書いていなければ機能性のないスニーカーというわけです。

まとめ

僕は以前ランニングシューズを購入した時に、

『ニューバランスを履いてるからとりあえずNのマークをついてるスニーカーを買えばいいんだ!』

と購入したところ足を痛めました。笑

店員さんに聞いてレブライトという衝撃吸収性のあるニューバランスに変えてみると、、ランニングの距離がどんどん伸び足の痛みもまったくありませんでした。

最初にお話した合う靴かどうかはあなたが履いてみて判断する必要があります。

しかし、ミッドソール部分をチェックするだけでも今より足にくるダメージを軽減できるかと思いますので是非参考にしてくださいね^_^

スポンサーリンク

関連記事

スニーカー基礎知識

スニーカーお手入れ

スニーカーブランド一覧

  1. まとめ記事

    【初心者】靴&スニーカーの知識・お手入れ・インソールまとめ
  2. CONVERSE(コンバース)

    意外と知らない!?コンバースハイカットの靴紐の長さについて
  3. CONVERSE(コンバース)

    【まとめ】歴史・かっこいい紐の結び方”コンバーススニーカー̶…
  4. まとめ記事

    ナイキスニーカーの歴史・エアジョーダン・エアマックス95記事まとめ
  5. まとめ記事

    履き心地・サイズ選びに。スニーカー購入レビュー・基礎知識いろいろまとめました♪
PAGE TOP