CONVERSE(コンバース)

コンバースオールスターやジャックパーセルはこうしてできた!コンバーススニーカーの歴史

スポンサーリンク

どもDoyaです^ – ^

今回はDoyaの大好きなコンバーススニーカーの歴史に少し触れてみます♩

どうぞご覧ください(^O^)

出典先・文章引用

コンバース公式HP

【コンバース創業 1908年】

image

 

コンバースの歴史は、1908年、米国マサチューセッツ州モールデンに始まった。ビーコン・フォールズ・ラバー・カンパニーでマネージャーだったマーキス・M・コンバースは、降雪量が多く、深い森や湿地帯の続くマサチューセッツ州の地域性に着目し、コンバース・ラバー・シュー・カンパニーを設立。
その翌年、雨や雪の中でも作業できるラバーシューズの製造を開始した。彼の見込みは的中し、コンバースのラバーシューズは、その品質の高さから圧倒的な支持を受け、1910年には、従業員350人を擁する地元の有力企業へと成長していった。

 

最初の始まりに面白さを感じました!地域の特性を見て作業がしやすい靴の製作が始まりだったとは!ここから今でも僕らが履いてるコンバースが始まったなんて!なんか歴史を一緒に歩いているようです^ – ^

 

【コンバース オールスター誕生 1917年】

image

創業者マーキス・M・コンバースは、ラバーシューズの販売が雪の多い冬場に集中することから、通年で販売出来る商品の必要性を感じていた。そこで彼が着目したのが、当時YMCAで教鞭をとっていたネイスミス博士が冬場にできるスポーツとして考案した、バスケットボールであった。さまざまな試行錯誤の末に1917年、コンバースはバスケットボール専用のシューズを開発する。それが「キャンバス オールスター」である。当時のキャンバス オールスターのスタイルは、現在のものと驚くほど変わらない。それだけこのシューズが完成された機能とフォルムを持っていたと言える。特に足首を保護するハイカットのデザインは斬新で、まもなくプロの使用に耐えうる本格的なバスケットボールシューズへと成長した。当時のスタープレイヤーだったチャールズ・H・テイラーは、プロバスケットボールリーグに入団すると同時にキャンバス オールスターの品質に惚れ込み、現役時代を通じて愛用。
引退後も全米中のハイスクールやカレッジのバスケットチームを尋ねてクリニックを開催しながら、多くのプレイヤーにキャンバス オールスターを広めた。さらに、今でいうプロフェッショナルアドバイザーとして、シューズの改良についてさまざまな助言を与えたのである。
彼の偉大な功績を称えて、1946年から彼の名がアンクルパッチ(くるぶしを保護するための円形のパッチ)に記されるようになった。世界最初のバスケットボールシューズのシグニチャーモデルはこうして生まれたのだった。

Doyaも大好きなこの一足オールスターの記念すべき登場なのであります。現在でも驚くほど形が変わらないそうです!歴史をそのまま体感できる一足というわけです!

こちらも参考にしてください

やっぱりコンバースオールスターはいいよね!コンバースの歴史・履き心地とサイズ感を紹介。

【ジャックパーセル 発売 1935年】

image
1932年から14年連続でバドミントンのワールドチャンピオンシップを獲得したバドミントン兼テニスプレイヤー ジャック・パーセルが開発に参加し、生まれたシューズが「ジャックパーセル」。その第1号は、1935年スポルティング社より販売された。50年代に入ると B.F グットリッチ社に販売が移行、この頃、ヒールラベルに”ヒゲ”が生まれる。1972年、コンバースとB.F.グッドリッチ社のシューズ部門統合により、コンバースの定番ブランドの1つとなる。ブルーのフラットソールを持つこのシューズは、当時最高水準の快適性、耐久性、パフォーマンス性を誇る、テニス・バドミントン・スカッシュ等のコート競技用として、往年の全米デビスカップのメンバーなど、プロの間で人気を博した。さらに、そのシンプルでクリーンなデザインは、当時、テニスを楽しむ上流階級の人々やハリウッドスター達の心をも魅了し、ステータスシンボルとなった。
現在「ジャックパーセル」は、そのヒールラベルのデザインから”ヒゲ”の愛称でも親しまれている。またトゥ部分のラインが微笑んでいる口元のように見えるため、”スマイル”とも呼ばれるなど、品質、デザインなどすべてが発売当時と同じテイストを保ちながら、今なお多くの人々から愛されている。

Doyaが最近欲しくて欲しくてたまらないジャックパーセルでございますが。こちらのジャックパーセルも当時のものと同じテイストを保っているという部分ではオールスター同様、歴史を感じれる一足です。

幻の名作!?コンバースのジャックパーセルスリッポンを手に入れました。サイズ感などをご紹介

スポンサーリンク

【オールスターカラーバリエーション拡大 1968年】

image

1968年、プロバスケットボールプレイヤーのための競技用モデルとして、レザー及びスエード製のオールスターを発売。その後オールスターは、徐々にその活躍の舞台をバスケットコートだけでなくストリートへ拡大していった。1971年、キャンバス オールスターのカラーバリエーションが追加され全8色展開となり、1984年には”Fashion All Stars” と名付づけられた柄や素材に意匠を凝らした新商品群を発売、その後もデザイン性に富む様々なオールスターを発売し続けている。

この頃から色々な色のバリエーションが増えてきたんですね(^^)ファッションとしても活躍してくる時期ですね

【1969年 ジャックスター誕生】

image
“スター&バーズ”(★マークと2本ライン)をアッパーに配した「スムースレザーオールスター」、通称「ジャックスター」の誕生は、1969年。この2本ラインは単なる飾りではなく、バスケットボールをプレイするときの足の激しい動きをサポートするためのものだった。
翌1970年にはスエードアッパーが、1972年にはスムースレザーのハイカットが発売されるなど人気を博したが、1973年に生産終了を迎える。
このモデルから2本ラインを取り、よりシンプルなデザインで後に発売されるのが、名作「ワンスター」である。

後のワンスター誕生の前段階でございます(^ ^)

ワンスターはDoyaも欲しいのです!

【ウエポン登場 1986年】

image

くるぶしをホールドするY字型のサポートカッティングシステムを搭載したシューズ、ウエポンは1986年に発売された。機能性に加え、豊富なカラーバリエーションを揃えたこのモデルは、当時のトップリーグの両巨頭であり、また最大のライバル同士でもあったラリー・バードとマジック・ジョンソンの二人を起用した広告戦略でも話題を集め、全世界で400万足を売り上げる大ヒットを遂げる。

ウエポン誕生。ハイカットでもまたオールスターとは違うのがこのウエポン。機能性もオールスターに比べて格段に違うのも特徴ですね♩

 

いかがでしたか?コンバースにはDoyaは個人的に夢と希望が溢れてるスニーカーなのであります♩是非自分の好みのコンバーススニーカーを見つけてくださいね(^o^)

スポンサーリンク

関連記事

  1. CONVERSE(コンバース)

    意外と知らない!?コンバースハイカットの靴紐の長さについて

    コンバースは紐をアレンジしたりとお洒落を楽しむ事ができます。しかしいざ…

  2. CONVERSE(コンバース)

    サイズ選びは慎重に!”コンバースオールスター”のスニーカー履き心地・サイズ感・を解説!

    靴箱の中へようこそコンバースを購入する時に気になるのはサイズ選びだと思…

  3. CONVERSE(コンバース)

    【お洒落】履き方いろいろ♫あなただけのコンバースに!コンバースの靴紐の結び方♫蜘蛛の巣編

    前回はコンバースの靴紐で五芒星を作るというものでした♫試していただけま…

スニーカー基礎知識

スニーカーお手入れ

スニーカーブランド一覧

  1. まとめ記事

    【初心者】靴&スニーカーの知識・お手入れ・インソールまとめ
  2. CONVERSE(コンバース)

    意外と知らない!?コンバースハイカットの靴紐の長さについて
  3. まとめ記事

    ナイキスニーカーの歴史・エアジョーダン・エアマックス95記事まとめ
  4. CONVERSE(コンバース)

    【まとめ】歴史・かっこいい紐の結び方”コンバーススニーカー̶…
  5. まとめ記事

    履き心地・サイズ選びに。スニーカー購入レビュー・基礎知識いろいろまとめました♪
PAGE TOP